医療関係者の方へ

業績

業績

著書

Microsurgical Anatomy and Surgery of the Posterior Cranial Fossa — Surgical Procedures Based on Anatomical Study.2014

(Chapter1) Matsushima T, Matsushima K : The “Rules of Three” in the Posterior Cranial Fossa.
(Chapter2) Matsushima T, Matsushima K, Kitamura M : Neural Structures: the Brainstem, Cerebellum, Cerebellar Peduncles, and Fourth Ventricle.
(Chapter3) Matsushima T, Kawashima M : Three Cerebellar Arteries: Superior Cerebellar Artery, Anterior Inferior Cerebellar Artery, and Posterior Inferior Cerebellar Artery.
(Chapter4) Matsushima T, OgataA : The Veins of the Posterior Cranial Fossa: Nomenclature.
(Chapter 5) Matsushima T, Takase Y : The Bridging Veins in the Posterior Cranial Fossa.
(Chapter 6) Matsushima T, Ito H, Shimokawa S : Midline Suboccipital Approach and Its Variations for Fourth Ventricular or Cerebellar Hemispheric Lesions.
(Chapter 7) Matsushima T, Matsushima K, Miki K : Microsurgical Anatomy of the Cerebellomedullary Fissure and Variations of the Transcerebellomedullary Fissure Approach.
(Chapter 8) Matsushima T, Takamatsu Y : The Cerebellopontine Angle: Structures and the “Rules of Three”.
(Chapter 9) Matsushima T, Wakamiya T : The Retrosigmoid Lateral Suboccipital Approach: Basic Approach and Variations.
(Chapter 10) Matsushima T, Tanaka T : Anatomy for Microvascular Decompression Procedures: Relationships between Cranial Nerves and Vessels, Preoperative Images, and Anatomy for the Stitched Sling Retraction Technique.
(Chapter 11) Matsushima T, Masuoka J : Microvascular Decompression Surgery for Trigeminal Neuralgia: Special Reference to the Infratentorial Lateral Supracerebellar Approach Using the Tentorial Stitched Sling Retraction Method.
(Chapter 12) Matsushima T, Nakahara Y, Inoue K : Microvascular Decompression Surgery for Hemifacial Spasm: the Lateral Suboccipital Infrafloccular Approach.
(Chapter 13) Matsushima T, Hiraishi T, Okamoto H : Microvascular Decompression for Glossopharyngeal Neuralgia: Surgical Approaches Depending on the Offending Artery.
(Chapter 14)Matsushima T, Inoue K : Microsurgical Anatomy of the Internal Auditory Canal and Surrounding Structures and Vestibular Schwannoma Surgery.
(Chapter 15) Matsushima T, Suzuyama K : Meningiomas of the Cerebellopontine Angle: Classification and Differences in the Surgical Removal of Each Type through the Lateral Suboccipital Retrosigmoid Approach.
(Chapter 16) Matsushima T, Hagihara N : Surgical Anatomy of the Posterior Part of the Foramen Magnum and the Posterior Paramedian Approaches.
(Chapter 17) Matsushima T, Kouguchi M, Matsushima K : Surgical Anatomy of and Approaches through the Lateral Foramen Magnum: the Transcondylar Fossa and Transcondylar Approaches.
(Chapter 18) Matsushima T, Yoshioka F, Matsushima K : Temporal Bone – Basic Anatomy and Approaches to Internal Auditory Canal.
(Chapter 19) Matsushima T, Matsushima K, Yoshioka F : Posterior and Anterior Transpetrosal Approaches.
(Chapter 20) Matsushima T, Matsushima K, Katsuta T, Komune N: Microsurgical Anatomy of and Surgical Approaches to the Jugular Foramen.
(Chapter 21) Kawashima M, Matsushima T : Occipital Artery–Posterior Inferior Cerebellar Artery Bypass Surgery.

原著

  1. Matsushima T,Kawashima M,Inoue K,Matsushima K: Anatomy of the superior petrosal veins and their exposure and management during petrous apex meningioma surgery using the lateral suboccipital retrosigmoid approach.Neurosurgical Review(in press) 2014
  2. Matasushima K, Matsushima T, Kuga Y, Kodama Y, Inoue K, Ohnishi H, Rhoton AL Jr:
    Classification of the superior petrosal veins and sinus based on drainage pattern.
    Neurosurg 10 Suppl 2:357-67 2014
  3. Matsushima K, Kohno M, Komune N, Miki K, Matsushima T, Rhoton AL Jr : Suprajugular Extension of the Retrosigmoid Approach: Microsurgical Anatomy. J Neurosurg (in press) 2014
  4. MatsushimaT, Kawashima M, Inoue K, Matsushima K, Miki K: Exposure of Wide Cerebellomedullary Cisterns for Vascular Lesion Surgeries in Cerebellomedullary Cisterns: Opening of Unilateral Cerebellomedullary Fissures (unilateral trans-CMF approach) Combined with Lateral Foramen Magnum Approach. World Neurosurgery (in press) 2014

 

症例報告

  1. Nakahara Y, Kawashima M, Matsushima T, Kouguchi M, Takase Y, Nanri Y, Yakusiji Y. Microvascular Decompression Surgery for Vertebral Artery Compression of the Medulla Oblongata: 3 Cases with Respiratory Failure and/or Dysphagia. World Neurosurgery(in press) 2014

 

総説

  1. Kawashima M,Matsushima T:Microsurgical Anatomy of the Craniovertebral Junction(頭蓋頚椎移行部の微小外科解剖).Jpn J Neurosurg(Tokyo)23:108-113.2014
  2. 井上浩平, 松島俊夫:もやもや病の病態・治療と生活上の諸問題

 

その他

  1. 松島俊夫:退官を迎えるにあたりー佐賀大学での7年半とライフワークを振り返って、 Mudskippers 2014

 

学会発表

【国際学会】

  1. Matsushima T: Microsurgical anatomy and surgeries in the upper and lower C-P angle. フロリダ大学グランドラウンド(アメリカ・フロリダ・ゲインズビル)1月3日

【国内全国規模学会】

  1. 松島俊夫:Petrosal veins-その解剖と臨床(教育講演).第16回日本脳神経減圧術学会.2014年2月6日.大阪
  2. 増岡 淳:三叉神経痛に対するstitched sling retraction 法の治療成績.第16回日本脳神経減圧術学会.2014年2月6日.大阪
  3. 中原由紀子:椎骨動脈が関与した片側顔面痙攣症に対する神経血管減圧法および治療成績について.第16回日本脳神経減圧術学会.2014年2月6日.大阪

【国内地方規模学会】

  1. 井上浩平、松島敏夫、増岡 淳、河島雅到、松島俊夫:後下小脳動脈および椎骨動脈が責任血管であった三叉神経痛の一例.第116回日本脳神経外科学会九州支部会.2014年2月1日.長崎
  2. 井上浩平:シルビウス裂の解剖.微小脳神経外科解剖セミナーin福岡.2014年2月22日.福岡
  3. 河島雅到:バイパス術のための解剖.微小脳神経外科解剖セミナーin福岡.2014年2月22日.福岡
  4. 松島俊夫:第4脳室とcerebellomedullary fissureの解剖.微小脳神経外科解剖セミナーin福岡.2014年2月22日.福岡
  5. 松島俊夫: 後頭蓋窩の外科解剖―特に小脳橋角部. 第28回微小外科解剖セミナー(福岡)4月5日
  6. 緒方敦之、高瀬幸徳、高口素史、伊藤 寛、井上浩平、松島俊夫:経橈骨動脈アプローチにて頸動脈ステント留置術を行った3症例.第19回日本脳神経血管内治療学会九州地方会.2014年1月11日.福岡

【その他】

  1. 松島俊夫:脳神経外科医としての40年を振り返って(特別講演).平成25年度京都大学脳神経外科教室同門会.2014年2月8日.大阪
  2. 松島俊夫: 「出会い」‐ヒーロー,恩師と友人,患者と専門分野. 退官教授最終講義(佐賀大学)2月18日
  3. 松島俊夫: 後頭蓋窩の外科解剖とロートン研究室. 福大Rhoton Memorial Seminar(福岡)2月22日
  4. 松島俊夫: 後頭蓋窩の微小外科解剖と手術. お茶の水セミナー 順天堂大学(東京)3月14日
  5. 松島俊夫: 後頭蓋窩の微小外科解剖と手術. Brain Attack研究会(高知)3月20日

 


 

著書

1.  下川尚子:頭蓋骨骨折.  小児脳神経外科 診療ガイドブックⅡ各論pp:272-282メディカルビュー社 東京

2. Spetzler RF, Rhoton AL, Nakaji P, Kawashima M:Color Atlas of Cerebral Revascularization. Thieme

 

原著

  1. Hiraishi T, Matsushima T, Kawashima M, Nakahara Y, Takahashi Y, Ito H,
    Oishi M, Fujii Y :3Dcomputer graphics simulation to obtain optimal surgical exposure during microvascular decompression of the glossopharyngeal nerve.
    Neurosurgical Review 36(4):629-35
  2. Kawashima M, Takase Y, Matsushima T:Surgical treatment for vertebral artery  posterior inferior cerebellar  artery aneurysms special reference to the importance of the cerebellomedullary fissure dissection. J Neurosurg 118(2):460-4
  3. Matsushima K, Kawashima M, Matsushima T, Hiraishi T, Noguchi T, Kuraoka A:
    Posterior condylar canals and posterior condylar emissary veins -a microsurgical and CT anatomical study.Neurosurgical Review 37(1):115-126
  4. Nakahara Y, Matsushima T, Hiraishi T, Takao T, Funaki T, Masuoka J,
    Kawashima M : Importance of awareness of rhomboid lip in microvascular decompression surgery for hemifacial spasm. J Neurosurg 119(4):1038-42
  5. Noguchi T, Kawashima M, Nishihara M, Hirai T, Matsushima T, Irie H:
    Arterial spin-labeling MR imaging in moyamoya disease compare dwith clinical
    assessments and other MR imaging finings. European Journal of Radiology 82(12):e840-7
  6. 緒方敦之、加藤徳之、山崎友郷、粕谷泰道、池田剛、三木俊一郎、園部眞:
    後拡張を省略した頸動脈ステント留置術の治療成績.
    JNET 6(4): 245-251
  7. Ogata A, Sonobe M, Kato N, Yamazaki T, Kasuya H, Ikeda G, Miki S, Matsushima T: Caroid artery stenting without post-stenting balloon dilatation.
    J NeuroIntervent Surg [Epub ahead of print]

 

症例報告

  1. Inoue K, Yoshioka F, Nakahara Y, Kawashima M, Matsushima T:
    Obstructive hydrocephalus following aqueductal stenosis caused by supra- and
    infratentorial developmental venous anomaly: case report.
    Childs Nerv Syst.29(2):329-34
  2. 高口素史、鈴山堅志、内山拓、岡本浩昌、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫:
    くも膜下出血で発症した内頚動脈後壁Blood Blister-like Aneurysmの一例.
    脳神経外科41(3):229-234
  3. 南里悠介、薬師寺祐介、雪竹基弘、中原由紀子、松島俊夫、原英夫:止血剤の点滴および内服加療で改善を認めた脳表ヘモジデリン沈着症.臨床神経学 53:470-473.2013
  4. Ogata A, Kawashima M, Matsushima T: Behcet’s disease with ruptured anterior communicating artery aneurysm following ruptured thoracic aortic aneurysm.
    Neurol med Chir (Tokyo)53(3):189-91
  5. Okamoto H, Mineta T, Wakamiya T, Tsukamoto H, Katsuta T, Nakagaki H,
    Matsushima T: Two Cases of Subfrontal Schwannoma, Including a Rare Case Located Between the Endosteal and Meningeal Layers of the Dura.
    Neurologia medico-chirurgica [Epub ahead of print]

 

総説

  1. 増岡 淳、松島俊夫: 三叉神経痛に対する小脳テント吊り輪牽引法.
    脳神経外科速報23(7):728-735

 

その他

  1. 松島俊夫:京都大学脳神経外科と私.京都大学脳神経外科年報2013年 寄稿「学外から見た京都大学脳神経外科」

 

学会発表

【国際学会】

  1. Kawashima T, Matsushima M: Surgical treatment for vertebral artery-posterior inferior cerebellar artery aneurysms: special reference to the importance of the cerebellomedullary fissure dissection. The fifth Japan-India Neurosurgical Conference 2月3日
  2. Matushima T. Inoue K, Kawashima M: Surgical Treatment in Children with Moyamoya Disease. The 7th Pan-Pacific Neurosurgery Congress(ハワイ) 1月30日
  3. Takamatsu Y:Practical use of pyrosequencing analysis to detect Moyamoya disease
    susceptible gene RNF213 variant c.14576G>A. 3rd International moyamoya Meeting. 7月12-13日

【国内全国規模学会】

  1. 江橋 諒:Balloon assisted microcatheterization にて塞栓術を行った小型破裂脳底動脈瘤の1例(ポスター).第29回日本脳神経血管内治療学会総会 11月21日
  2. 井上浩平:シルビウス裂の解剖. 微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013. 2月23日
  3. 井上浩平:中脳水道から第4脳室ない鋳型状血腫に対する神経内視鏡手術の検討.第20回神経内視鏡学会 11月7日
  4. 井上浩平:頚動脈ステント留置術における徐脈低血圧の危険因子に関する検討(ポスター). 第29回日本脳神経血管内治療学会総会 11月21日
  5. 河島雅到:バイパス術のための解剖. 微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013 2月23日
  6. 河島雅到:松果体の解剖. 微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013 2月23日
  7. 河島雅到:頭蓋頚椎移行部の微小外科解剖.第33回日本脳神経外科コングレス総会 5月11日
  8. 高口素史:頭蓋底腫瘍摘出術後に生じた仮性動脈瘤に対して血管内治療を行ったMaffucci 症候群の1 例(ポスター). 第29回日本脳神経血管内治療学会総会 11月22日
  9. 松島 淳:もやもや病患者における高次脳機能障害に関する実態調査(第一報).
    日本脳神経外科学会第72回学術総会 10月16日
  10. 松島俊夫:後頭蓋窩静脈の解剖. 微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013 2月23日
  11. 松島俊夫:小脳橋角部3つのルール.微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013 2月23日
  12. 松島俊夫:小脳半球と第四脳室の外科解剖. 微小脳神経外科解剖セミナーin福岡2013年
    2月23日
  13. 中原由紀子:片側顔面痙攣における術前ボトックス治療と術後顔面麻痺についての検討.
    第15回日本脳神経減圧術学会 1月17日
  14. 中原由紀子、井上浩平、河島雅到、松島俊夫: 小児もやもや病に対する手術法の工夫(ポスター).第42回日本脳卒中の外科学会 3月21日
  15. 中原由紀子: 脳腫瘍疑いとして紹介された多発性硬化症. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 10月17日
  16. 緒方敦之、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫: Low volume centerにおける頸動脈ステント留置術の治療成績.第38回日本脳卒中学会総会 3月22日
  17. 緒方敦之、高瀬幸徳、松島俊夫: 頸動脈ステント留置術における徐脈低血圧の危険因子に関する検討.日本脳神経外科学会第72回学術総会 10月18日
  18. 緒方敦之、河島雅到 松島俊夫: 開頭動脈瘤クリッピング手術における神経内視鏡の有用性について.第20回日本神経内視鏡学会 11月8日
  19. 緒方敦之、高瀬幸徳、松島俊夫:機械的血栓回収療法導入前後におけるt-PA 静注療法の変化(ポスター).第29回日本脳神経血管内治療学会総会 11月22日
  20. 下川尚子:骨延長法術後に脳内嚢胞をきたした頭蓋縫合早期癒合症の1例. 第31回日本こども病院神経外科医会 11月24日
  21. 高瀬幸徳:動脈瘤に対する瘤内塞栓術の治療成績(ポスター).第29回日本脳神経血管内治療学会総会 11月21日

【国内地方規模学会】

  1. 松島俊夫:後頭蓋窩の静脈解剖-特に錐体静脈と大孔外側部の静脈群について
    第7回大分脳神経血管内治療研究会 血管内外科(大分)3月9日
  2. 伊藤 寛, 中原 由紀子, 河島 雅到, 松島 俊夫:小脳橋角部に発生した脈絡叢乳頭腫による髄液産生過剰型の水頭症を呈した一例.第114回日本脳神経外科学会九州支部会 6
  3. 井上浩平, 江橋諒, 高口素史, 緒方敦之, 中原由紀子, 高瀬幸徳, 増岡淳, 河島雅到, 松島俊夫:Maffucci症候群に合併した頭蓋底軟骨種の一例.第115回日本脳神経外科学会九州支部会 9月28日
  4. 中城 博子、河島 雅到、吉岡 史隆、中原 由紀子、高瀬 幸徳、増岡 淳、松島 俊夫:
    味覚障害で発症した小脳血管芽腫の一例.第113回日本脳神経外科学会九州支部会 1月26日
  5. 緒方敦之、高瀬幸徳、松島俊夫:上矢状静脈洞部硬膜静脈瘻に合併した静脈洞狭窄に対して経皮的静脈洞形成術を行った1例.第17回日本脳神経血管内治療学会九州・山口地方会 2月2日

【その他】

  1. 井手俊宏、江里口 誠、田中 淳、緒方敦之、松島俊夫、原 英夫:当院における急性期脳梗塞に対する血管内治療の現状. Saga Stroke Conference 9月6日
  2. 井上浩平: 破れておこる脳卒中.(教育講演)第7回佐賀県脳卒中市民公開講座 11月24日
  3. 増岡 淳、井上浩平、松島俊夫:舌痛のみで発症した三叉神経痛.第7回佐賀痛みを考える会 4月12日
  4. 増岡 淳、松島俊夫:神経内視鏡下下垂体腫瘍摘出術.第12回佐賀脳神経外科手術手技研究会 9月21日
  5. 松島俊夫:後頭蓋窩の微小外科解剖と手術.お茶の水セミナー(順天堂大学)3月15日
  6. 松島俊夫:耳鳴り,めまい,ふらつき等で耳鼻科外来を訪れる脳外科的疾患. 周南耳鼻科研究会(徳山)4月4日
  7. 松島俊夫:後頭蓋窩微小外科解剖と手術. 札幌Skill-bulid 研究会(札幌)4月20日
  8. 松島俊夫:後頭蓋窩の微小外科解剖と手術.第7回佐賀脳神経外科セミナー 5月25日
  9. 松島俊夫:顆窩経由法. 第18回愛知医科大学頭蓋底実習コース(名古屋)7月11日
  10. 松島俊夫:後頭蓋窩外科解剖と手術. Neurosurgery Forum (埼玉)7月19日
  11. 松島俊夫:顆窩経由法. 信州大学実習コース(松本)8月2日
  12. 松島俊夫:顆窩経由法. 慶応大学実習コース(東京)9月1日
  13. 松島俊夫:脳腫瘍の臨床コメント. 九州臨床病理研究会(福岡)9月14日
  14. 松島俊夫:もやもや病の診断と治療の進歩.(特別講演)第5回福岡脳神経核医学研究会 11月14日
  15. 松島俊夫:微小外科解剖と共に.(特別講演)荒木千里記念脳外科症例検討研究会第32回学術講演会 12月10日
  16. 中原由紀子:椎骨動脈が関与した片側顔面痙攣症に対する神経血管減圧法.第6回脊振Microsurgeryセミナー 11月30日
  17. 中原由紀子、鈴木健吾、松島俊夫、三國信啓: 覚醒下腫瘍摘出術を行った左前頭葉gliomaの一例. 第41回佐賀脳神経外科懇話会 1月12日
  18. 中原由紀子、鈴木健吾、松島俊夫、三國信啓: 覚醒下腫瘍摘出術を行った左前頭葉gliomaの一例. 第11回佐賀脳神経外科手術手技研究会 1月26日
  19. 緒方敦之:Merci-retrieverを用いて治療をおこなった急性期脳梗塞の1例.第11回佐賀脳神経外科手術手技研究会 1月26日
  20. 緒方敦之、高瀬幸徳、松島俊夫、加藤徳之、山崎友郷、粕谷泰道、池田剛、三木俊一郎、園部 眞: 水戸医療センター経験した頸動脈ステント留置術. 第4回佐賀脳血管内治療懇話会 2月5日
  21. 緒方敦之、高瀬幸徳、高口素史、吉田卓史、下川尚子、井上浩平、中原由紀子、増岡 淳、河島雅到、松島俊夫:急性期脳梗塞に対する血栓回収療法を新規導入した当院の現状. 第42回佐賀脳神経外科懇話会 7月6日
  22. 緒方敦之:血管の中から治す脳卒中.(特別講演)第7回佐賀県脳卒中市民公開講座 11月24日
  23. 鈴山堅志、内山 拓、田島 裕、岡本浩昌、高瀬幸徳、松島俊夫: ステント留置により治療したくも膜下出血発症の脳底動脈解離の1例.第39回佐賀脳血管障害懇話会 11月29日
  24. 髙松裕一郎:治療に難渋した延髄全面endodermalcystの一例. 第6回脊振Microsurgeryセミナー 11月30日

 


 

著書

  1. 中原由紀子、松島俊夫:ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病).こどもケア 2・3月号:66-72.2012

 

原著

  1. Kondo A,Date I,Endo S,Fujii K,Fujii Y,Fujimaki T,Hasegawa M,Hatayama T,Hongo K,Inoue T,Ishikawa M,Ito M,Kayama T,Kohmura E,Matsushima T,Munemoto S,Nagahiro S,Ohno K,Okamura T,Ryu H,Shigeno T,Shirane R,Tagusagawa Y,Tanabe H,Yamada K,Yamakami I:A proposal for standardized analysis of the results of microvascular decompression for trigeminal neuralgia and hemifacial spasm. Acta Neurochirurgica.154(5):773‐778.2012
  2. Matsushima T,Abe H, Kawashima M,Inoue T:Exposure of the wide interior of fourth ventricle without splitting the vermis:importance of cutting procedures for the tela choroidea. Neurosurg Rev.35:563-572.2012
  3. Motoshima S,Noguchi T,Kawashima M,Ooishi M,Irie H,Nishihara M,Matsushima T,Kudo S:Narrowed Petrous Carotid Canal Detection for the Early Diagnosis of Moyamoya Disease.FUKUOKA ACTA MEDICA 103(10):206-214.2012
  4. 岡秀宏、河島雅到、清水暁、宇津木聡、大澤成之、佐藤公俊、久須美真理、藤井清孝、Rhoton AL Jr.:脈絡裂(choroidal fissure)近傍の手術に必要な微小外科解剖.脳神経外科ジャーナル21:618-624.2012

 

症例報告

  1. Hagihara N, Matsushima T, Kawashima M, Hikita T:The C2 ganglion sectioning epidural approach to craniocervical junction chordoma: A technical case report. Neurol India.60:638-642.2012
  2. 緒方敦之、岡本浩昌、坂田修治、高瀬幸徳、松島俊夫:動脈瘤塞栓術後にPRES(Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome)を合併した破裂内頚動脈瘤の1例.脳卒中の外科 40:188-193.2012
  3. Okamoto H,Ogata A,Kosugi M,Takashima H, Sakata S and Matsushima T:Cavernous Sinus Thrombophlebitis Related to Dental Infection-Two Case Reports-.Neurologia medico-chirurgica.52(10):757-760.2012

 

総説

  1. Matsushima T,Inoue K,Kawashima M,Inoue T:History of Development of Surgical Treatments for Moyamoya Disease. Neurol Med Chir(Tokyo).52(5):278-286.2012
  2. 松島俊夫、平川奈緒美、井関雅子:座談会、三叉神経痛.Practice of Management.3(4):6-16.2012

 

学会発表

【国際学会】

  1. Horikawa E,Machishima K,Kitajima K,Ono S,Ohshima C,Sato A,Asami T,Yukitake M,Hara H,Matsushima T:Evaluation of Cognitive Impairment and Fit to Drive in a Memory Clinic in Japan. 65th Gerontological Society of America(GSA)in Sandiego .11.17
  2. Kawashima M:Surgical treatment for vertebral artry-posterior inferior cerebellar artery aneurysms:Special reference to the importance of the cerebellomedullary fissure dissection. 第5回日本インド脳神経外科会議.大阪 10.19-20
  3. Matsushima T: Trans-condylar,trans-condylar fossa approach-demonstration. CENS2012-Transtemporal approaches and EC-IC bypass.チェコ(プラハ)6.11-12
  4. Matsushima T: Transcondylar approach(教育講演). 7th Central European Neurosurgical Meeting.ドイツ(ハノーバー) 6.13-15
  5. Matsushima T: Surgical Approaches to the 4th Ventricle – Trans-cerebellomedullary Fissure Approach. 3rd International Levantine Forumトルコ(イズミール)11.15-18
  6. Matsushima T: Surgery of the Foramen Magnum – with Special Reference to Transcondylar Fossa Approach. 3rd International Levantine Forumトルコ(イズミール)11.15-18
  7. Matsushima T: The Petrosal Veins and Surgeries in the Upper Portion of the C-P Angle. 3rd International Levantine Forumトルコ(イズミール)11.15-18
  8. Matsushima T: Microvascular Decompression Surgeries – Surgical Anatomy and Approaches.3rd International Levantine Forumトルコ(イズミール)11.15-18

【国内全国規模学会】

  1. 井上浩平、松島俊夫、河島雅到: Transsylvian approachのための解剖学的考察.(ポスター) 2012.4.26-28
  2. 河島雅到: もやもや病の外科治療.(モーニングセミナー)第32回日本脳神経外科コングレス.5.11-13
  3. 河島雅到、高瀬幸徳、井上浩平、吉岡史隆、中原由紀子、増岡淳、松島俊夫: VA-PICA脳動脈瘤の手術治療:小脳延髄裂(cerebellomedullary fissure)剥離の重要性について. 日本脳神経外科学会71回学術学会. 10.18
  4. 中原由紀子: 片側顔面痙攣(HFS)手術におけるrhomboid lipについての考察.第14回日本脳神経減圧術学会.1.19

【国内地方規模学会】

  1. 伊藤 寛、井上浩平、内橋和芳、若宮富浩、鈴木 諭、河島雅到、松島俊夫: 小脳橋角部に発生した脈絡叢嚢胞の一例.第112回日本脳神経外科学会九州支部会.9.29
  2. 河島雅到: Transcondylar fossa approach. 第8回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー. 5.26
  3. 河島雅到: 後方循環脳動脈瘤の手術治療. 第12回FENビデオカンファレンス. 7.28
  4. 増岡淳、梶原脩平、吉岡史隆、井上浩平、中原由紀子、田島裕、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫、内橋和芳: 頭蓋内血管平滑筋腫の一例. 第111回日本脳神経外科学会九州支部会. 6.13
  5. 髙松裕一郎、河島雅到、中原由紀子、高瀬幸徳、松島俊夫、内橋和芳: 延髄前面に発症したendodermal cystの1例.第110回日本脳神経外科学会九州支部会.2.4

【その他】

  1. 古川隆、中原由紀子、伊藤寛、井上浩平、河島雅到、松島俊夫:頭蓋形成術後に創部感染をきたした三例.第10回佐賀脳神経外科手術手技研究会. 2012.10.6
  2. 河島雅到: 後方循環脳動脈瘤の手術治療. 平成24年池友会脳神経外科サマーセミナー. 7.14
  3. 河島雅到: バイパスを用いて治療したBlister-like aneurysm. 第9回佐賀脳神経外科手術手技研究会.1.21

 


 

著書

  1. 河島雅到、松島俊夫:外側後頭下アプローチ.イラストレイテッド脳腫瘍外科学:68-73. 医学書院,東京.2011
  2. 河島雅到、松島俊夫:手術に必要な脳幹、小脳の構造と解剖. ビジュアル脳腫瘍外科3 :pp 2-9メジカルビュー社,東京.2011
  3. Kawashima M, Rhoton AL:Cerebral Revascularization. Abdulrauf SI ed. Surgical anatomy of EC-IC bypass procedures:65-92. Elsevier, Saunders.2011
  4. 増岡 淳、松島俊夫:三叉神経痛に対する微小血管減圧術. NS NOW 16 機能的脳神経外科手術の基本: pp64-74. メジカルビュー社,東京.2011
  5. 中原由紀子、松島俊夫:第四脳室腫瘍.ビジュアル脳神経外科4 脳室・松果体:86-99. メジカルビュー社,東京.2011

 

原著

  1. Jin Q,Noguchi T,Irie H,Kawashima M,Nishihara M,Takase Y,Gong H,Uchino A,Matsushima T,and Kudo S:Assessment of Moyamoya Disease With 3.0-T Magnetic Resonance Angiography and Magnetic Resonance Imaging Versus Conventional Angiography. Neurologia medico-chirurgica.51(3):195-200.2011
  2. Kawashima M, Noguchi T, Yakushiji Y, Takase Y, Matsushima T:Leptomeningeal collateral and cerebral hemodynamics in patients with ICA and MCA steno-occlusion. Neurological Research: 33:307-313.2011
  3. Masuoka J, Matsushima T, Kawashima M, Nakahara Y, Funaki T, Mineta T:Stitched sling retraction technique for microvascular decompression: procedures and techniques based on an anatomical viewpoint. Neurosurg Rev.34(3):373-9.2011
  4. Noguchi T, Kawashima M, Irie H, Ootsuka T, Nishihara M, Matsushima T, Kudo S:Arterial spin-labeling MR imaging in moyamoya disease compared with SPECT imaging. European Journal of Radiology.80:557-562.2011
  5. 岡秀宏、河島雅到、清水暁、宇津木聡、大澤成之、佐藤公俊、藤井清孝、Rhoton AL Jr.:側脳室病変に必要な微小外科解剖と手術アプローチ. Jpn J Neurosurg (Tokyo).20:418-423.2011

 

症例報告

  1. 高口素史、中原由紀子、河島雅到、高瀬幸徳、松島俊夫:神経血管減圧術により呼吸障害の著明な改善を認めた延髄圧迫症候群の1例. 脳神経外科.39(11) :1085-1089.2011
  2. Matsushima K, Kawashima M, Suzuyama K, Takase Y Takao T, Matsushima T:Thrombosed giant aneurysm of the distal anterior cerebral artery treated with aneurysm resection and proximal pericallosal artery-callosomarginal artery end-to-end anastomosis: Case report and review of the literature. Surgical Neurology International:.2:135.2011
  3. Nakahara Y,Ogata A,Takase Y,Maeda K,Okamoto H,Matsushima T,and Sakata S:Treatment of Dural Arteriovenous Fistula Presenting as Typical Symptomas of Hydrocephalus Caused by Venous Congestion-Case Report-.Neurologia medico-chirurgica.51(3):229-232.2011
  4. 高尾哲郎、高口素史、中原由紀子、河島雅到、松島俊夫:錐体静脈の術前評価における3次元画像の有用性:4例報告. NEUROLOGICAL SURGERY:39(12) 1175-1181.2011

 

総説

  1. 河島雅到、松島俊夫:頭蓋頸椎移行部除圧術のアプローチ、後側方アプローチ Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)の微小外科解剖と手術治療.脊椎脊髄ジャーナル 24(8):769-777.2011
  2. 河島雅到、松島俊夫:手術に必要な脳幹・小脳の構造と解剖.ビジュアル脳神経外科 3 脳幹・基底核・小脳:2-8.2011
  3. 河島雅到、松島俊夫:神経血管圧迫症候群の外科治療.神経内科 75(2):137-145.2011
  4. 河島雅到、松島俊夫:Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)の微小外科解剖.脳神経外科ジャーナル 20(Suppl2) :194-200.2011
  5. 松島俊夫、増岡淳、河島雅到、井上浩平、峯田寿裕:Petroclival Region Tumorの手術と静脈. 脳神経外科ジャーナル 20(Suppl2):65-76.2011
  6. 峯田寿裕、松島俊夫、増岡淳、河島雅到:微小外貌に基づいた三叉神経痛の手術-特にInfratentorial Lateral Supracerebellar Approachと錐体静脈の処理について-.脳神経外科ジャーナル 20(Suppl2) :58-64.2011
  7. 中原由紀子、松島俊夫:テント下脳動脈の解剖.Clinical Neuroscience Vol29(10):1115-1118.2011

 

学会発表

【国際学会】

  1. Kawashima M,Noguchi T, Takase Y, Nakahara Y, Matsushima T:Moyamoya Disease and Ivy sign on FLAIR image. Asian Neurosurgical Conference on Moyamoya Disease. 2011,6,2
  2. Matsushima T:Petrosal veins and surgeries in the upper portion of the C-P angle.The 4th International Neurosurgical Winter Congress. 2011,2,8
  3. Matsushima T, Kawashima M:History of the surgical treatment for moyamoya disease.Asian Neurosurgical Conference on Moyamoya Disease.2011,6,2

【国内全国規模学会】

  1. 井上浩平:Pterional approachにおけるSylvian fissureの開放について. 若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011. 2011, 5, 29
  2. 河島雅到、松島俊夫:Transcondylar and transcondylar fossa approaches.若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011.2011,5,29
  3. 河島雅到、松島俊夫:Transcondylar and transcondylar fossa approachesを利用した大孔周囲脳腫瘍の手術治療. 第16回日本脳腫瘍の外科学会. 2011, 9, 9
  4. 河島雅到、松島俊夫、井上 亨、増岡 淳、中原由紀子:舌咽神経痛の様々な原因とそれらに対する診断と外科治療法.日本脳神経外科学会第70回学術総会.2011,10.12-14
  5. 松島俊夫:第四脳室の外科解剖と手術,特に小脳延髄裂経由法. 第31回日本脳神経外科コングレス総会ランチョンセミナー. 2011,5,8
  6. 松島俊夫:錐体静脈の微小外科解剖 -小脳橋角部上部の手術のために-.若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011. 2011, 5, 29
  7. 中原由紀子, 河島雅到, 高口素史, 高瀬幸徳, 松島俊夫, 南里悠介, 薬師寺祐介:神経血管減圧術により呼吸障害、嚥下障害の改善を認めた延髄圧迫症候群の3症例. 第13回日本脳神経減圧術学会. 2011,1,20
  8. 中原由紀子、河島雅到、高瀬幸徳、井上浩平、野口智幸、松島俊夫:術前診断が困難であった中枢神経系悪性リンパ腫についての検討. 日本脳神経外科学会第70回学術総会. 2011,10,12-14
  9. 高瀬幸徳:三叉神経痛に対する神経血管減圧術後変化のMRIによる検討~特に錐体静脈切断による影響について~. 日本脳神経外科学会第70回学術総会. 2011,10,12-14

【国内地方規模学会】

  1. 松島 健、鈴山堅志、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫:治療に難渋した血栓化巨大前大脳動脈瘤の1例. 第107回社団法人日本脳神経外科学会九州支部会. 2011,2,19
  2. 緒方敦之、河島雅到、高瀬幸徳、吉岡史隆、松島俊夫:破裂胸部大動脈瘤に破裂前交通動脈瘤を続発したベーチェット病の1例. 第108回社団法人日本脳神経外科学会九州支部会.
  3. 髙松裕一郎,吉岡史隆,増岡 淳,松島 健,河島雅到,松島俊夫,薬師寺祐介,野口智幸,佐藤慎太郎:Jugular foramen meningiomaの一例. 第109回社団法人日本脳神経外科学会九州支部会. 2011,9,17

【その他】

  1. 井上浩平:Sylvian fissureの解剖と術前評価. 第24回佐賀脳循環研究会.2011,12,6
  2. 河島雅到:脳卒中治療.第9回県民公開講座. 2011,2,26
  3. 河島雅到:Transcondylar fossa approach. 第7回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー. 2011, 6,4
  4. 河島雅到:Dynamicな形態変化を示すPICA involved type VA dissecting aneurysmの外科治療.第38回佐賀脳神経外科懇話会. 2011, 7, 3
  5. 河島雅到:脳動脈瘤手術. 平成23年池友会脳神経外科サマーセミナー. 2011, 7, 16
  6. 河島雅到:脳動脈瘤の外科治療. 第2回現場から学ぶ脳外科最前線. 2011, 9, 28
  7. 河島雅到:脳動脈瘤の外科治療. 第18回北里脳神経外科微小解剖セミナー. 2011, 12. 3
  8. 松島俊夫:小脳橋角部の手術、特に外側後頭下開頭法のバリエーション. 第21回大橋ニューロカンファレンス. 2011,1,28
  9. 松島俊夫:外側後頭下開頭とそのバリエーション、第四脳室とその近傍. 茶の水脳神経外科セミナー. 2011,2,4
  10. 松島俊夫:微小脳神経外科解剖 脳神経外科における役割とその発達. 福岡大学脳神経外科学術講演会. 2011,3,3
  11. 松島俊夫:もやもや病について. 福岡市博多区保健所難病講演会. 2011,3,22
  12. 松島俊夫:小脳橋角部の微小外科解剖と外側後頭下開頭法. 亀田総合病院脳神経外科学術講演会. 2011,4,28
  13. 松島俊夫:小脳橋角部の微小外科解剖と手術. 第5回佐賀脳神経外科セミナー. 2011,5,29
  14. 松島俊夫:もやもや病 「長い付き合い方」. 第22回「もやの会」九州ブロック集会. 2011,6,12
  15. 松島俊夫:もやもや病. 第10回「もやの会」九州ブロック集会新人会. 2011,11,27
  16. 中原由紀子、平石哲也、高尾哲郎、舟木健史、増岡 淳、河島雅到、松島俊夫:片側顔面痙攣(HFS)手術におけるrhomboid lipについての考察. 第4回脊振Microsurgeryセミナー. 2011,11,19
  17. 髙尾哲郎、高口素史、木村 聡、中原由紀子、鈴山堅志、高瀬幸徳、萩原直司、河島雅到、松島俊夫 :錐体静脈の術前評価における3DCT angiographyの有用性. 第7回佐賀脳神経外科手術手技研究会. 2011,1.29

 


 

著書

  1. Matsushima T, Kawashima M, Masuoka J:Development of Surgical Procedures(Direct,Single Indirect,and Combined Bypass Procedures).   Overview Textbook “Moyamoya Disease Update” 227-233.2010
  2. 松島俊夫、峯田寿裕:髄芽腫・上衣腫の手術 小脳延髄裂からの接近.
    NS now 後頭蓋窩手術 これだけは知っておこう メジカルビュー.(10)pp.137-145.2010
  3. 松島俊夫、増岡 淳:三叉神経痛の診断は、MRI,MRAだけでできるか?脳神経検査のグノーディ・セアウトン-この検査では、ここが見えない-.
    182-184.2010

 

原著

  1. Kawashima M, Matsushima T, Inoue T, Mineta T, Masuoka J, Hirakawa N:
    Microvascular Decompression for Glossopharyngeal Neuralgia Through the Transcondylar Fossa(Supracondylar Transjugular Tubercle)Approach.
    Neurosurgery. 66(suppl 21):275-280.2010
  2. Kawashima M, Noguchi T, Takase Y, Nakahara Y, Matsushima T:Decrease in leptomeningeal ivy sign on fluid-attenuated inversion recovery images after cerebral revascularization in patients with moyamoya disease.
    AJNR Am J Neuroradiol  31:1713-1718.2010
  3. Kawashima M, Noguchi T, Yakushiji Y, Takase Y, Matsushima T:Leptomeningeal collateral and cerebral hemodynamics in patients with ICA and MCA steno-oclusion. Neurol Res.:33(3):307-13.2010
  4. 河島雅到、松島俊夫:手術アプローチの選択とピットフォールII Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)の微小外科解剖 Skull Base An Interdisciplinary Approach.20(2):83-92.2010
  5. Matsushima T, Kawashima M, Masuoka J, Mineta T, Inoue T:
    Transcondylar fossa (Supracondylar transjugular tubercle) approach  Anatomical basis for the approach, surgical procedures, and surgical experience.
    Skull Base An Interdisciplinary Approach. 20(2):83-92.2010
  6. Nakahara Y, Northcott PA, Li M, Kongkham PN, Smith C, Yan H, Croul S, Ra YS, Eberhart C, Huang A, Bigner D, Grajkowska W, Van Meter T, Rutka JT, Taylor MD:
    Genetic and epigenetic inactivation of Kruppel-like factor 4 in medulloblastoma.
    Neoplasia. 12(1):20-7.2010
  7. Noguchi T, Irie H, Takase Y, Kawashima M, Ootsuka T, Nishihara M, Egashira Y, Nojiri J, Matsushima T, Kudo S:Hemodynamic Studies of Intracranial Dural Arteriovenous Fistulas Using Arterial Spin-labeling MR Imaging. Interv Neuroradiol. 16:409-419.2010
  8. Tominaga N,Shimoda R,Iwakiri R,Tsuruoka N,Sakata Y,Hara H,Hayashi S,Morita S,Hamasaki Y,Matsushima T,Miyazaki K,Node K and Fujimoto K:Low Serum Albumin Level is Risk Factor for Patients with Percutaneous Endoscopic Gastrostomy. Internal Medicine. 49:2283-2288.2010

 

症例報告

  1. Funaki T, Matsushima T, Masuoka J, Nakahara Y, Takase Y, Kawashima M:
    Adhesion of rhomboid lip to lower cranial nerves as special consideration in microvascular decompression for hemifacial spasm: Report of two cases.
    Surg Neurol Int. 18;1:71.2010
  2. 北村浩晃、増岡淳、中原由紀子、鈴木久美子、野口智幸、内橋和芳、松島俊夫:
    蝶形骨洞内異所性下垂体腺腫の一例. 脳神経外科速報 120(7):830-834.2010
  3. Masuoka J, Yoshioka F, Ohgushi H, Kawashima M, Matsushima T:
    Meningioma manifesting as cerebral infarction. Neurol Med Chir (Tokyo) 50:585-587.2010
  4. 緒方敦之、鈴山堅志、古賀壽男、高瀬幸徳、松島俊夫:動脈瘤塞栓術後に脳血管攣縮を来した未破裂内頚動脈瘤の1例.脳神経外科(Neurological Surgery).38(1):47-51.2010
  5. 岡本浩昌、増岡 淳、若宮富浩、緒方敦之、中原由紀子、高瀬幸徳、峯田寿裕、松島俊夫:妊娠・産褥期に発症した脳出血の3症例. 脳卒中の外科. 38:83-86.2010

 

総説

  1. 河島雅到:急性硬膜外血腫、急性硬膜下血. BRAIN NURSING 26:39-41 2010
  2. 河島雅到、松島俊夫:Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)の微小
    外科解剖. 脳神経外科ジャーナル 19(11):810-816.2010
  3. 河島雅到、松島俊夫:脳神経外科のスタンダード、小児もやもや病に対する複合バイパス術.20:520-525.2010
  4. 中原由紀子、松島俊夫:特集/危険な頭痛とめまいの診療 頭痛治療の実際. 三叉神経痛・後頭神経痛.臨床と研究 87(8):23-26.2010
  5. 中原由紀子、松島俊夫:三叉神経痛:治療適応の判断基準と治療戦略は?EBM脳神経外科疾患の治療2011-2012:293-301.2010
  6. 野口智幸、松島俊夫:後頭蓋窩の正常解剖と画像診断-キーポイントとピットフォール 臨床放射線 55:1625-1633.2010

 

学会発表

【国際学会】

  1. Kawashima M:Microsurgical Anatomy and Surgical Procedures for Pineal and Peri-trigonal Lesions. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy.
    トルコ 2010,11,2-7
  2. Kawashima M:Microvascular Decompression Surgery for Glossopharyngeal Neuralgia and Medullary Compression Syndrome. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy.
    トルコ 2010,11,2-7
  3. Kawashima M:Moyamoya disease and ivy sign on FLAIR image. The 10th Korean and Japanese Friendship Canference on Surgery for Cerebral Stroke. 長崎 2010,10,8-9
  4. Matsushima T:The Anatomy of the foramen magnum and the transcondylar fossa approach. International Neurovascular and Skull Base Workshop. チェコ 2010,6,16-18
  5. Matsushima T:The Anatomy of the fourth ventricle and the trans-cerebellomedullary fissure approach. International Neurovascular and Skull Base Workshop. チェコ 2010,6,16-18
  6. Matsushima T:Surgical Approaches to the 4th Ventricle Trans-cerebellomedullary Fissure Approach. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy.
    トルコ 2010,11,2-7
  7. Matsushima T:Surgical Management for the CP Angle Pathologies. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy. トルコ 2010,11,2-7
  8. Matsushima T:Petrosal Veins – Anatomy and Surgical Management for the CP-Angle Pathologies. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy. トルコ 2010,11,2-7
  9. Matsushima T:Stitched Sling Retraction Techniques for Microvascular Decompression
    5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy. トルコ 2010,11,2-7
  10. Matsushima T:Surgery of the Foramen Magnum — with Special Reference to Transcondylar Fossa Approach. 5th International Symposium on Microneurosurgical Anatomy. トルコ 2010,11,2-7
  11. Matsushima T:Surgical treatment of children with moyamoya disease-special reference to the multiple combined indirect procedure. The 10th Korean and Japanese Friendship Canference on Surgery for Cerebral Stroke. 長崎2010,10,8-9

【国内全国規模学会】

  1. 河島雅到、野口智幸、高瀬幸徳、松島俊夫:もやもや病患者におけるバイパス術後のFLAIR ivy sign変化. Stroke2010. 岩手 2010年4月16日
  2. 河島雅到:Transcondylar and transcondylar fossa approaches. 第30回日本脳神経外科コングレス総会. 岩手 2010年5月7日‐9日
  3. 河島雅到:舌咽神経痛に係る外科解剖と手術. 2010 Rhoton Microneuroanatomy Seminar in Japan. 佐賀 2010年11月20日-21日
  4. 松島俊夫:CP angle:anatomy and surgery. 2010 Rhoton Microneuroanatomy Seminar in Japan. 佐賀 2010年11月20日-21日

【国内地方規模学会】

  1. 木村聡、高橋雄一、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫:脊髄症を呈した頭蓋頚椎移行部硬膜動静脈瘻の一例. 第105回日本脳神経外科学会九州支部会. 長崎 2010年6月26 日
  2. 松島俊夫:後頭蓋窩静脈の微小外科解剖‐特に架橋静脈、導出動脈について‐(教育講演). 第11回近畿脳神経血管内治療学会. 大阪 2010年9月17日-18日
  3. 高口素史、中原由紀子、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫:神経血管減圧術により呼吸障害の改善を認めた延髄圧迫症候群の一例. 第106回日本脳神経外科学会九州支部会. 宮崎 2010年9月25日
  4. 鈴山堅志、井上浩平、萩原直司、古賀壽男、松島俊夫:脳内出血を生じた嗅窩部髄膜腫の1例. 第104回日本脳神経外科学会九州支部会. 鹿児島 2010年2月6 日
  5. 高松裕一郎、萩原直司、井上浩平、鈴山堅志:Distal accessory anterior cerebral arteryに発生した破裂脳動脈瘤の一例. 第105回日本脳神経外科学会九州支部会. 長崎 2010年6月26 日
  6. 田中達也、河島雅到、高瀬幸徳、緒方敦之、舟木健史、中原由紀子、松島俊夫:Suction-decompression techniqueを用いて治療した硬膜輪近傍脳動脈瘤の2症例. 第104回日本脳神経外科学会九州支部会. 鹿児島2010年2月6 日

【その他】

  1. 平石哲也、中原由紀子、松島俊夫:神経血管減圧術の実際-顔面けいれんと三叉神経痛-.
    第6回佐賀脳神経外科手術手技研究会. 佐賀2010年9月18
  2. 伊藤 寛:右耳通にて発見された右側骨内顔面神経鞘腫の一例. 第2回佐賀痛みを考える会. 佐賀2010年10月19日
  3. 河島雅到:松果体部の外科解剖(ミニレクチャー). 第6回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー. 佐賀2010年5月22日-23日
  4. 河島雅到:前交通動脈瘤の外科治療:状況に応じたpterional,interhemispheric approachの選択(レビュー). 第36回佐賀脳神経外科懇話会. 佐賀 2010年7月3日
  5. 河島雅到、高瀬幸徳、鈴山堅志、中原由紀子、高尾哲郎、高口素史、萩原直司、松島俊夫:治療に難渋した巨大脳動脈瘤の2症例. 第36回佐賀脳血管障害懇話会. 佐賀 2010年12月3日
  6. 木村聡、高橋雄一、高瀬幸徳、河島雅到、松島俊夫:脊髄症を呈した頭蓋頸椎移行部硬膜動静脈瘻. Saga Stroke Conference 2010. 佐賀2010年9月3日
  7. 松島俊夫:大孔部の解剖と手術(教育講演). 2010年佐賀脳神経外科セミナー. 佐賀 2010年5月22日
  8. 松島俊夫:神経血管減圧術のつり上げ法について. 第7回森の木若葉セミナー. 長崎
    2010年9月22日-23日
  9. 中原由紀子:悪性脳腫瘍に対するテモゾロミドの治療効果(講演). 第4回佐賀脳腫瘍研究会. 佐賀 2010年6月30日
  10. 高橋雄一、舟木健史、河島雅到、松島俊夫:聴神経腫瘍摘出術の基本手技. 第5回佐賀脳神経外科手術手技研究会. 佐賀2010年1月23日
  11. 田中達也、河島雅到、高瀬幸徳、緒方敦之、舟木健史、松島俊夫:Suction-decompression techniqueを用いて治療した硬膜輪近傍脳動脈瘤の2症例. 第5回佐賀脳神経外科手術手技研究会. 佐賀 2010年1月23日

 


 

著書

  1. 勝田俊郎,松島俊夫,Albert L Rhoton Jr:大孔と周辺の解剖.
    エキスパート頭蓋底 121-126.中外医学社,東京.2009.
  2. 松島俊夫,増岡 淳:小脳橋角部の外科解剖 – 外側後頭下開頭法のために.
    エキスパート頭蓋底 112-120.中外医学社,東京.2009.
  3. 峯田寿裕,松島俊夫,増岡 淳,河島雅到:小脳橋角部腫瘍摘出術における
    上錐体静脈 その解剖と処置法について.脳腫瘍の外科 103-111.
    メディカ出版,東京.2009.

 

原著

  1. *Fujii K, Oka H, Shimizu S, Kawashima M, Utsuki S, Suzuki S, Rhoton
    AL:Microsurgical anatomy and surgical approach to the trigone of the
    lateral ventricle. Jpn J Neurosurg (Tokyo) .18:196-204.2009.
  2. Inoue K, Seker A, Osawa S, Alencastro LF, Matsushima T, Rhoton AL:
    Microsurgical and endoscopic anatomy of the supratentorial arachnoidal
    membranes and cisterns. Neurosurgery.65(4) :644-64.2009.
  3. Kawashima M,Matsushima T,Nakahara Y,Takase Y,Masuoka J,Ohata
    K:Trans-cerebellomedullary fissure approach with speciel reference
    to lateral route.Neurosurgical Review 32:457-464.2009.
  4. Kawashima M, Noguchi T, Takase Y, Ootsuka T, Kido N, Matsushima
    T:Unilateral hemispheric proliferation of Ivy sign on flair image in
    moyamoya disease correlates highly with ipsilateral hemispheric
    decrease of cerebrovascular reserve . AJNR Am J Neuroradiol: 30(9):
    1709-16.2009.
  5. Nakahara Y, Paul A. Northcott, Hai Yan, Paul N. Kongkham, Sideny
    Croul, Young-Shin Ra, Charles Eberhart, James T. Rutka, Michael D.
    Taylor:Genetic and epigenetic inactivation of Kruppel-like factor 4 in medulloblastoma. Neoplasia,12, 1,20.2009.
  6. Northcott PA, Nakahara Y, Wu X, Feuk L, Ellison DW, Croul S, Mack S,
    Kongkham PN, Peacock J, Dubuc A, Ra YS, Zilberberg K, McLeod J,
    Scherer SW, Sunil Rao J, Eberhart CG, Grajkowska W, Gillespie Y, Lach
    B, Grundy R, Pollack IF, Hamilton RL, Van Meter T, Carlotti CG, Boop
    F, Bigner D, Gilbertson RJ, Rutka JT, Taylor MD.:Multiple recurrent
    genetic events converge on control of histone lysine methylation in
    medulloblastoma. Nat Genet. 41(4):465-72.2009.
  7. Shimoji K,Miyajima M, Karagiozov K, Yatomi K, Matsushima T, Arai
    H:Surgical consideration of fourth ventriclar ependymoma with the
    transcerebellomedullary fissure approach in focus. Childs Nerv Syst.
    25:1221-1228.2009.

 

症例報告

  1. Kawashima M, Kitahara T, Soma K, Fujii K.:An unusual variant of the
    ruptured anterior communicating artery aneurysm located on the
    planum sphenoidale. Neurol India.57:831-832.2009.
  2. Kawashima M, Yamada M, Sato S, Oka H, Fujii K, Matsushima T:
    Hemifacial spasm caused by vascular compression of the distal portion
    of the facial nerve associated with configuration variation of the
    facial and vestibulocochlear nerve complex.
    TurkishNeurosurgery.19:269-275.2009.
  3. Masuoka J, Matsushima T, Hikita T, Inoue E:Cerebellar swelling
    after sacrificing the superior petrosal vein during microvascular
    decompression for trigeminal neuralgia. Journal of Clinical
    Neuroscience 16(10):1342-4.2009.
  4. Masuoka J, Wakamiya T, Mineta T, Takase Y, Kawashima M,
    Matsushima T:Thrombosis of the superior petrosal vein mimicking
    brain tumor. Neurol Med Chir (Tokyo) 49:359-361.2009.

 

総説

  1. 河島雅到,松島俊夫:脳神経外科手術のスタンダード、舌下神経鞘腫の手術.
    脳神経外科速報 19,1111-1117.2009.
  2. 松島俊夫,峯田寿裕:神経血管圧迫症候群ー特に三叉神経痛、片側顔面痙攣、
    舌咽神経痛の診断と治療. 臨床と研究86(8):109-112.2009.

 

その他

  1. 松島俊夫:私の国立循環器病センター研修とその後.国立循環器病センター脳神経外科 創立30周年記念誌:40-41.2009
  2. 松島俊夫:信州大学と私の30年.信州大学医学部脳神経外科学講座開講30周年記念誌:pp46-47
  3. 佐賀大学付属病院:ネットワーク型ワークステーションAZE Virtual Place 雷神Plusによる院内画像配信を開始.INNERVISION (24/6) 2009 1-5(月刊インナービジョン 2009年6月号付録)
  4. 松島俊夫:もやもや病・神経血管減圧術・後頭蓋窩手術のエキスパート.疾患別全国実力医師シリーズ脳疾患最新治療&予防全国名医109人:165.2009.
  5. 松島俊夫:耳鳴りー特に脳神経疾患として.BRAIN No.97:2-3.2009.10.10.

 

学会発表

【国際学会】

  1. Funaki T, Iihara K, Miyamoto S:Surgical treatment and mid-term
    outcomes of carotid cavernous giant aneurysms. 9th International
    Conference on Cerebrovascular Surgery. 愛知2009,11.11-13.
  2. Kawashima M:Surgical strategy for infracallosal distal ACA
    aneurysms:microsurgical anatomy and its clinical application. 9th
    International Conference on Cerebrovascular Surgery. 愛知
    2009,11.11-13.
  3. Kawashima M, Matsushima T:Surgery on VA-PICA aneurysms via
    transcondylar fossa (Supracondylar Yransjuglar Tubercle)approach.
    9th International Conference on Cerebrovascular Surgery. 愛知
    2009,11.11-13.
  4. Kawashima M, Matsushima T:Transcerebellomedullary fissure approach
    with special reference to lateral route. SWISS-JAPANESE NEUROSURGICAL
    JOINT MEETING 2009.スイス2009,7.23-26.
  5. Matsushima T:Microsurgical anatomy and surgeries of the C-P angle
    and fourth ventricle. XIV World Congress of Neurological Surgery.
    アメリカ2009,8.30-9.4.
  6. Matsushima T:Surgical anatomy and surgeries of the C-P angle 
    Variations of the lateral suboccipital approach. The 11th Kyushu and
    Young-Honam Neurosurgical Joint Meeting .韓国 2009,11.6-7.
  7. Nakahara Y:Epigenetic Silencing of Kruppel-Like Factor 4(KLF4) in
    Medulloblastoma.The 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation
    of Neuro-Oncology,The 6th Meeting of the Asian Society for
    Neuro-Oncology.神奈川2009,5.10-14.
  8. Takamatsu Y,Takase Y, Matsushima T:Hypoglossal schwannoma surgically
    removed through transcondylar fossa approach-a case report. The 11th
    Kyushu and Young-Honam Neurosurgical Joint Meeting.韓国2009,11.6-7.
  9. Takase Y, Matsushima T, Takamatsu Y:Endovascular treatment of the
    extracranial vertebral arteriovenous fistula; report of two cases.
    The 11th Kyushu and Young-Honam Neurosurgical Joint Meeting.
    韓国2009,11.6-7.

【国内全国規模学会】

  1. 舟木健史、松島俊夫、河島雅到、増岡 淳、峯田寿裕、井上 亨:舌咽神
    経痛に対する神経血管減圧術::顆窩経由法による治療成績.(社)日本脳
    神経外科学会第68回学術総会(東京).2009,10,14-16.
  2. 舟木健史、飯原弘二、植田初江、長束一行、菱川朋人、佐藤公俊、宮本 享:
    頸動脈mobile plaqueの病理学的検討. 第8回日本頸部脳血管治療学会(北
    九州). 2009,5,29-30.
  3. 舟木健史,松島俊夫,峯田寿裕,中原由紀子,増岡 淳,河島雅到:Luschka孔
    を形成するrhomboid lipの神経血管減圧術における意義:下位脳神経と
    rhomboid lipの癒着が見られた2例. 第12回脳神経減圧術研究会(東京).
    2009,10,13.
  4. 河島雅到、中原由紀子、高口素史、南里悠介、岡田竜一郎、原英夫、松島
    俊夫:初めに筋委縮性側索硬化症と診断されたが、延髄を圧迫していた椎
    骨動脈の減圧後に病状が改善した一例. 第12回脳神経減圧術研究会(東
    京). 2009,10,13.
  5. 河島雅到,野口智幸,高瀬幸徳,大塚貴輝,城戸典孝,松島俊夫:もやもや病
    FLAIR画像における片側性のivy signの増勢とcerebral vascular reserve
    の相関.(社)日本脳神経外科学会第68回学術総会(東京).2009,10,14-16.
  6. 松島俊夫:大孔外側部からのアプローチ―特に顆窩経由法―.第29回日本
    脳神経外科コングレス総会(大阪).2009,5,15-17.
  7. 中原由紀子:側脳室三角部近傍腫瘍に対するアプローチ法についてHigh
    parieral trans-cortical approachの応用.(社)日本脳神経外科学会第
    68回学術総会(東京).2009,10,14-16.
  8. 野口智幸, 入江裕之, 西原正志, 鈴木宗村,北野庸, 大塚貴輝, 高瀬幸
    徳, 松島俊夫, 井村千明, 工藤祥:硬膜動静脈瘻におけるASL灌流画像の
    検討. 第68回日本医学放射線学会(横浜). 2009.4.17-19.
  9. 緒方敦之, 高瀬幸徳, 高松裕一郎, 中原由紀子, 松島俊夫:非外傷性頸部
    動静脈瘻の一例. 第25回日本脳神経血管内治療学会総会(富山).
    2009.11.19-21.
  10. 高松裕一郎, 高瀬幸徳, 野口智幸, 古川浩二郎, 挽地裕, 松島俊夫:
    coverd stentを用いて治療しえた椎骨動脈-内頸静脈瘻の一例. 第25回日
    本脳神経血管内治療学会総会(富山). 2009.11.19-21.
  11. 高瀬幸徳, 緒方敦之, 高松裕一郎, 中原由紀子, 野口智幸, 挽地裕, 松島
    俊夫:後発病院における頸動脈ステント留置術の治療成績 合併症例を中
    心に. 第25回日本脳神経血管内治療学会総会(富山). 2009.11.19-21.

【国内地方規模学会】

  1. 中村公秀、舟木健史、中原由紀子、松島俊夫、中垣博之:動眼神経麻痺を
    主症状とした下垂体卒中の1例.第103回社団法人日本脳神経外科学会九
    州支部会(大分).2009,10,3.
  2. 大串栄彦、吉岡史隆、増岡淳、松島俊夫:脳梗塞にて発症した髄膜腫の一
    例. 第101回社団法人日本脳神経外科学会九州支部会(福岡).2009,3,14.
  3. 高口素史、河島雅到、中原由紀子、峯田寿裕、松島俊夫:High parietal
    transcortical approarchを用いて摘出した側脳室三角部近傍腫瘍の2症
    例. 第102回社団法人日本脳神経外科学会九州支部会(北九州).2009,6,20.

【その他】

  1. 河島雅到:3 cases of unusual SAH. 第3回佐賀手術手技研究会(佐賀).
    2009,1.17.
  2. 河島雅到:舌下神経鞘腫の手術. 網走・福岡・佐賀脳神経外科講演会(福
    岡). 2009,7.2.
  3. 河島雅到:Suction decompression法を用いて治療したICA large aneurysm
    の一例. 第34回佐賀脳神経外科懇話会(佐賀). 2009,7.40.
  4. 河島雅到、中原由紀子、舟木健史、松島俊夫:舌咽神経痛、延髄外側症候
    群の外科治療. 第2回脊振microsurgeryセミナー(福岡). 2009,12.19.
  5. 松島俊夫:もやもや病 「今わかっていること、出来ること」. もやもや病
    講演会. 2009,1.22.
  6. 松島俊夫:椎骨動脈瘤の直達手術と顆窩経由法. 第11回脳血管外科治療セ
    ミナー(大阪). 2009,1.31.
  7. 松島俊夫:私の人生における出会い. 第4回森の木若葉セミナー(長崎).
    2009,2.6.
  8. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術. 茶の水脳神経外科セミナー.
    2009,2.20.
  9. 松島俊夫:後頭蓋窩の外科解剖と手術. 第17回河田町脳神経外科懇話会(東
    京). 2009,2.21.
  10. 松島俊夫:外側後頭下開頭 基本とピットフォール. 第1回福岡脳神経先端
    治療研究会(福岡). 2009,4.2.
  11. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術. 2009佐賀脳神経外科セミナー(佐
    賀). 2009,5.30.
  12. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach. 第15回愛知
    頭蓋底脊椎手術手技ワークショップ(愛知). 2009,6.18.
  13. 松島俊夫:脳神経外科の進歩.武雄市民病院講演会 (佐賀)2009年7月7日
  14. 松島俊夫:後頭蓋窩の解剖と手術 特にTranscerebellomedullary fissure
    Approach. 第46回神奈川脳神経外科懇話会(神奈川). 2009,6.26.
  15. 松島俊夫:脳神経外科と人生.第5回森の木若葉セミナー (長崎)2009年10月2日
  16. 松島俊夫:後頭蓋窩の脳神経―解剖、画像、疾患. 第6回森の木若葉セミナー (長崎)2009年12月11日
  17. 中原由紀子、河島雅到、高口素史、松島俊夫:側脳室三角部近傍腫瘍に対する手術手技支援機器を用いた手術.第2回脊振microsurgeryセミナー(福岡). 2009,12.19.
  18. 高瀬幸徳, 吉岡史隆, 萩原直司, 安陪等思,広畑優, 松島俊夫:頭痛発症の
    椎骨動脈解離の一例. 第19回佐賀頭痛研究会(佐賀). 2009,5.22.
  19. 高瀬幸徳:脳卒中のちょっと新しい外科治療. 第3回佐賀脳卒中市民公開
    講座(佐賀). 2009,7.4.
  20. 高瀬幸徳:佐賀大学医学部附属病院におけるCASの現況. 第34回佐賀脳神
    経外科懇話会(佐賀). 2009,7.4.
  21. 高瀬幸徳:脳血管内手術の現況. 第92回有明画像の会(佐賀). 2009,7.22.

 


 

著書

  1. 阿部 洋,井上 亨,松島俊夫,Rhoton AL:蝸牛神経核の手術解剖.顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XX:111-119.サイメッド・パブリケーションズ.東京.2008.
  2. 松島俊夫,増岡 淳,河島雅到,井上浩平,峯田寿裕:小脳橋角部の外科解剖と外側後頭下開頭.顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XX.95-110.サイメッド・パブリケーションズ.東京.2008.
  3. 松島俊夫,峯田寿裕:高齢者の中枢神経腫瘍.老年腫瘍学:154-160.文光堂.東京.2008.

 

原著論文

  1. Hiwatashi A, Matsushima T, Yoshiura T, Tanaka A, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Honda H:MRI of Glossopharyngeal Neuralgia Caused by Neurovascular Compression.Neuroradiology.191:578-581.2008.
  2. 金田章子,松島俊夫,疋田 孝,町 多賀雄,寺尾 浩:小児もやもや病バイパス術における創部合併症の3例.脳神経外科速報:18:100-107.2008.
  3. Kasuga C, Nakahara Y, Ueda S, Hawkins C, Taylor MD, Smith CA, Rutka JT:Expression of MAGE and GAGE genes in medulloblastoma and modulation of resistance to chemotherapy.Laboratory investigation. J. Neurosurt. Pediatrics.1(4):305-313.2008.
  4. 勝田俊郎,松島俊夫,卯田 健:頭蓋底静脈の外科解剖-錐体斜台部-.脳神経外科ジャーナル.17(10):738-744.2008.
  5. Kawashima M, Endo M Kitahara T, Soma K, Fujii K:An unusual variant of the ruptured anterior communicating artery aneurysm located on the planum sphenoidale. Neurol Med chir(Tokyo).48:254-256.2008.
  6. 河島雅到,中山賢司,植村研一,北原孝雄,遠藤昌孝,藤井清孝:Distal ACA動脈瘤の治療戦略に関して:微小外科解剖の応用.脳卒中の外科.36:298-305.2008.
  7. Kongkham PN, Northcott PA, Ra YS, Nakahara Y, Mainprize TG, Croul SE, Smith CA, Taylor MD, Rutka JT:An epigenetic genome-wide screen indentifies SPINT2 as a novel tumor suppressor gene in pediatric medulloblastoma. Cancer Res.68(23):9945-9953.2008.
  8. Masuoka J, Matsushima T, Hikita T, Inoue E:Cerebellar swelling after sacrificing the superior petrosal vein during microvascular decompression for trigeminal neuralgia.Journal of Clinical Neuroscience.16(10):1342-4. 2008
  9. Masuoka J, Sakata S, Maeda K, Matsushima T:Intracranial pial single channel arteriovenous fistula presenting with significant brain edema.Journal of Neurosurgery.109:497-501.2008.
  10. Masuoka J, Sakata S, Maeda K, Sugita Y:Adjacent epidermoid cyst and primary central vervous lymphoma.Surgical Neurology.69:530-533.
    2008.
  11. 増岡 淳,松島俊夫,吉岡史隆:神経圧迫症候群の微小外科解剖と画像診断.Neuroimaging conference筑後・佐賀症例集. 2008.
  12. 松島俊夫,増岡淳,河島雅到,井上浩平,峯田寿裕:Petroclival Region Tumorの手術と静脈.脳神経外科ジャーナル.17(10):761-772.2008.
  13. 峯田寿裕,松島俊夫,増岡 淳,河島雅到:微小外科解剖に基づいた三叉神経痛の手術-特にInfratentorial Lateral Supracerebellar Approachと錐体静脈の処理について-.脳神経外科ジャーナル.17(10):754-760.
    2008.
  14. Uchino A, Egashira R, Nomiyama K, Takase Y, Mineta T, Kudo S:Abnormal Flow in the Cavernous Sinus Caused by an Asymptomatic Dural Arterovenous Fistula of the Contralateral Transverse-Sigmoid Sinus. The Neuroradiology Journal.21:423-427.2008.
  15. Yukitake M, Takase Y, Nanri Y, Kosugi M, Eriguchi M, Yakushiji Y, Okada R, Mizuta H, Kuroda Y:Incidence and Clinical Significances of Human T-cell Lymphotropic Virus Type I-Associated Myelopathy with T2 Hyperintensity on Spinal Magnetic Resonance Images.INTERNAL MEDICINE.47:1881-1886.2008.

 

総説

  1. 河島雅到:特集 もう、しかられない!ドクターコールのタイミングと伝え方~観察・アセスメント~ひどい頭痛を訴える.BRAIN NURSING.24:1074-1079.2008
  2. 増岡 淳:特集 もう、しかられない!ドクターコールのタイミングと伝え方~観察・アセスメント~呼吸のリズムが乱れている.BRAIN NURSING 24(11):1055-1060.2008.
  3. 松島俊夫:忘れられない第四脳室上衣腫の症例-微小外科解剖への契機と小脳延髄裂経由法の開発.脳神経外科ジャーナル.17:690-692.2008.
  4. 松島俊夫,峯田寿裕:神経血管圧迫症候群-特に神経血管減圧術の現況-.No Shinkei Geka.36(4):303-313.2008.

 

その他

  1. 松島俊夫:福井仁士先生のご逝去を悼む-先生の足跡と業績.
    脳卒中の外科36:334-335. 2008.
  2. 松島俊夫:素顔のニューロサイエンティスト Albert L. Rhoton Jr先生
    Clinical Neuroscience Vol.26:1406.2008.
  3. 松島俊夫:山本勇夫先生との思いで.山本勇夫教授退任記念集:36.2008.

 

学会発表

 【国 際】

  1. Matsushima T:Microsurgical anatomy for MVD.International MVD meeting.ソウル.2008.5.31.
  2. Matsushima T:Microsurgical anatomy of the IVventricle.XXXVII CONGRESSO BRASILEIRO NEUROCIRURGIA. ブラジル.2008.9.14.
  3. Matsushima T:Surgical approaches to the IVventricle. XXXVII CONGRESSO BRASILEIRO NEUROCIRURGIA. ブラジル.2008.9.14.
  4. Matsushima T:Surgery of the CP angle-anatomy and approaches. XXXVII CONGRESSO BRASILEIRO NEUROCIRURGIA. ブラジル.2008.9.14.
  5. Matsushima T:Round Table, Jacques Morcos-Miami-USA. XXXVII CONGRESSO BRASILEIRO NEUROCIRURGIA. ブラジル.2008.9.14.
  6. Matsushima T:Anatomy and approaches for IVventricle lesions. XXXVII CONGRESSO BRASILEIRO NEUROCIRURGIA. ブラジル.2008.9.15.
  7. Matsushima T:Surgical approaches to the 4th ventricle-Trans-cerebellomedullary fissure approach-Medial and lateral routes.Turich Univ Conference.スイス. 2008.11,11.
  8. Matsushima T:Surgery of the 4th ventricle with special reference to Trans-cerebellomedullary fissure approach-Medial and lateral routes. 2nd Int’l Levantine forum.トルコ. 2008.11.14.
  9. Matsushima T:Surgery of the C-P angle-Anatomy and approaches. 2nd Int’l Levantine forum.トルコ. 2008.11.14.
  10. Matsushima T:Stitched sling retraction technique for microvascular decompression. 2nd Int’l Levantine forum.トルコ. 2008.11.14.
  11. Matsushima T:Surgery of the foramen magnum-with special refrence to transcondylar fossa approach. 2nd Int’l Levantine forum.トルコ. 2008.11.15.

【全国規模国内】

  1. 河島雅到:基本的なバイパス手術:STA-MCA,OA-PICA吻合術.若手のための微小脳神経外科解剖セミナー.福岡.2008.4.13.
  2. 河島雅到,松島俊夫,井上 亨,増岡 淳,峯田寿裕:舌咽神経痛に対する神経血管減圧術.第11回脳神経減圧研究会.岩手.2008.9.30.
  3. 河島雅到,山田 勝,萩原宏之,中山賢司,藤井清孝,松島俊夫:コイル治療後に直達手術を行い根治せしめた脳動脈瘤二症例.日本脳神経外科学会67回学術学会.岩手.2008.10.3.
  4. 増岡 淳,松島俊夫:もやもや病に合併した末梢動脈瘤.第33回日本脳卒中学会総会.京都.2008.3.20.
  5. 増岡 淳,松島俊夫:Suboccipital approachの基本手技と解剖.若手のための微小脳神経外科解剖セミナー.福岡.2008.4.13.
  6. 増岡 淳,松島俊夫:もやもや病に合併した末梢動脈瘤.日本脳神経外科学会67回学術学会.岩手.2008.10.3.
  7. 松島俊夫:Petroclival region tumorの手術と静脈.第28回日本脳神経外科コングレス.神奈川. 2008.5.10.
  8. 峯田寿裕,増岡淳,河島雅到,松島俊夫:小脳橋角部腫瘍における上錐体静脈の処置法.第13回日本脳腫瘍の外科学会.大阪.2008.10.20.

【地方規模国内】

  1. 伊藤 寛,吉岡史隆,高瀬幸徳,増岡 淳,河島雅到,峯田寿裕,松島俊夫:Multicentric glioblastomaの一例.第100回日本脳神経外科学会九州地方会.福岡.2008.9.6.
  2. 河島雅到,岡 秀宏,清水 暁,宇津木 聡,宮島良輝,仁木 淳,大澤成之,藤井清孝:ナビゲーションシステムを利用した松果体部,小脳上部虫部,側脳室三角部近傍病変の手術治療.第17回脳神経外科手術と機器学会.長崎.2008.4.11.
  3. 増岡 淳,岡本浩昌,峯田寿裕,松島俊夫:後頭蓋窩腫瘍による症候性三叉神経痛の2例.第26回九州疼痛学会.2008.2.16.
  4. 松島俊夫:第四脳室の外科解剖と正中後頭窩開頭.茶の水脳神経外科セミナー.東京.2008.2.8.
  5. 鈴山千恵,増岡 淳,岡本浩昌,松島俊夫:前頭骨に発生した血管腫の1例.第99回日本脳神経外科学会九州地方会.福岡.2008.6.28.

【その他の学会】

  1. 河島雅到:大孔部の外科解剖.第4回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー.佐賀.2008.6.7.
  2. 河島雅到:脳動脈瘤コイル塞栓術後の直達手術.第32回佐賀脳神経外科懇話会.佐賀.2008.6.7.
  3. 河島雅到,岡 秀宏,清水 暁,宇津木 聡,宮島良輝,藤井清孝:Contralateral interhemispheric trans-precuneus approachにて治療した側脳室三角部近傍腫瘍の一例.第15回神奈川脳腫瘍フォーラム.神奈川.2008.2.8.
  4. 河島雅到,岡 秀宏,宇津木 聡,藤井清孝,Albert L. Rhoton, Jr.:松果体・側脳室三角部の微小外科解剖及び手術アプローチ.第13回北里脳神経外科微小解剖セミナー.神奈川.2008.2.16.
  5. 河島雅到,高瀬幸徳,高口素史,山本美保子,峯田寿裕,松島俊夫:M1-M2collateral circulation aneurysm caused by M1 occlusion. 第1回背振microsurgeryセミナー.佐賀.2008.11.8.
  6. 増岡 淳:蝶形骨洞とpterional approach.第4回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー.佐賀.2008.6.7.
  7. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.第10回Microsurgery蘊奥クラブ.大阪.2008.1.19.
  8. 松島俊夫:もやもや病と知能障害.第4回リハビリ従事者研修会.佐賀.2008.2.5.
  9. 松島俊夫:小児の脳血管障害.第13回筑水脳卒中懇話会.福岡.2008.2.15.
  10. 松島俊夫:微小外科解剖―マイクロサージャリーにおける役割.第2回森の木若葉セミナー.長崎.2008.2.29.
  11. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.ブレイントーク.鹿児島.2008.3.28.
  12. 松島俊夫:脳神経外科の進歩.鹿島,藤津.佐賀.2008.4.23.
  13. 松島俊夫:危ない頭痛と診断困難なTIA.第16回うれしの脳卒中カンファレンス.佐賀.2008.4.24.
  14. 松島俊夫:もやもや病の外科治療.佐賀もやもや病シンポジウム.佐賀.2008.4.26.
  15. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach.第14回愛知頭蓋底脊椎手術手技ワークショップ.名古屋.2008.5.15.
  16. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.2008年佐賀脳神経外科セミナー.佐賀.2008.6.7.
  17. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach.第4回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー.佐賀.2008.6.8.
  18. 松島俊夫:危ない頭痛と診断困難なTIA.SS会.佐賀.2008.6.10.
  19. 松島俊夫:後頭蓋窩のMRI解剖-脳神経や血管圧迫症候群を中心に.64回NIC.福岡.2008.6.18.
  20. 松島俊夫:もやもや病-今わかっていること,出来ること.もやもや病家族の会.大分.2008.8.3.
  21. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach.第1回信州ハンズオンワークショップ.長野.2008.8.30.
  22. 松島俊夫:小脳橋角部の手術-硬膜内外からのアプローチ.第1回新潟脳神経手術フォーラム.新潟.2008.10.10.
  23. 松島俊夫:小児期発症もやもや病の外科治療.福岡脳血管障害学術講演会.福岡.2008.10.14.
  24. 松島俊夫:危ない頭痛と診断困難なTIA.第3回森の木若葉セミナー.長崎.2008.10.31.
  25. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.第38回久留米大学脳神経外科学講座開講記念会.久留米.2008.11.29.
  26. 松島俊夫:あぶない頭痛.脳卒中市民公開講座.唐津.2008.12.6.

 


 

著書

  1. 松島俊夫,井上 亨,峯田寿裕,疋田 孝,町 多賀雄,金田章子:小脳半球と第四脳室の外科解剖―特に正中後頭下開頭によるアプローチのためにXIX.顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖.93-102.サイメッド・パブリケーションズ.東京.2007.
  2. 勝田俊郎,松島俊夫,アルバート ロートン:頚静脈孔の解剖、顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIX.10-15.2007.

 

学術論文

  1. Glasker S, Vortmeyer AO, Okamoto H, Li J, Jaffe H, Oldfield EH, Zhuang Z:Proteomic profiling  a novel method for differential diagnosis?.
    Cancer Biol Ther 6:343-345.2007.
  2. Inoue S, Liu W, Inoue K, Mineharu Y, Takenaka K, Yamakawa H, Abe M,   Jafar JJ, Herzig R, Koizumi A:Combination of linkage and association studies for brain arteriovenous malformation.Stroke 38:1368-1370.2007.
  3. 松島俊夫,峯田寿裕:頭痛と脳腫瘍.臨床と研究 84(9):30-34.2007.
  4. Okamoto H, Li J, Glasker S, Vortmeyer AO, Jaffe H, Robison RA, Bogler O, Mikkelsen T, Lubensky IA, Oldfield EH, Zhuang Z:Proteomic comparison of oligodendrogliomas with and without 1pLOH.Cancer Biol Ther 6:391-396.2007.
  5. 大畑建治,松島俊夫:鞍結節部髄膜腫の手術.脳神経外科速報:17.1122-1132.2007.
  6. Park DM, Li J, Okamoto H, Akeju O, Kim SH, Lubensky I, Vortmeyer AO, Dambrosia J, Weil RJ, Oldfield EH, Park JK, Zhuang Z:N-CoR pathway targeting induces glioblastoma derived cancer stem cell differentiation.Cell Cycle 6:467-470.2007.

 

学会・研究会発表

  1. 阿部雅光、若宮富浩、井上浩平、増岡 淳、峯田寿裕、松島俊夫:脳内海綿状血管奇形の肉眼的分類.第66回社団法人日本脳神経外科学会総会(東京).抄録集:272.2007.10.6
  2. 井上浩平、増岡 淳、阿部雅光、松島俊夫:脳腫瘍および血管圧迫に起因するpainful tic convulsive呈した一例.第96回日本脳神経外科学会九州支部会(沖縄).2007.6.23.
  3. Matsushima,T:Microvascular decompression surgery for trigeminal neuralgia-the infratentorial lateral supracerebellar approach using the tentorial stitched sling retraction technique.World Federation of Neurosurgical Societies,13th Interim Meeting/The 12th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgeons(Nagoya).2007.11.20.
  4. 松島俊夫:脳神経外科の発達と私の研究・専門領域.2007年一心会(福岡).2007.1.9.
  5. 松島俊夫:脳神経外科の発達と私と微小外科解剖.百道NS合同カンファレンス(福岡).2007.1.13.
  6. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.茶の水脳神経外科セミナー(東京)2007.1.26.
  7. 松島俊夫:舌咽神経痛の診断と治療.第4回北部九州国立病院脳神経外科フォーラム(福岡).2007.2.9.
  8. 松島俊夫:舌咽神経痛に対する外科治療(神経血管減圧術)-術前診断法、原因圧迫血管、手術成績.第25回九州疼痛学会(福岡).2007.2.17.
  9. 松島俊夫:危ない脳血管障害.好生館学術講演会(佐賀).2007.2.19.
  10. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖と手術.第82回四金会(沖縄).2007.4.13.
  11. 松島俊夫:脳神経外科の進歩.鳥栖筑後脳疾患カンファレンス(鳥栖).2007.5.11.
  12. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach.第13回愛知頭蓋底脊椎手術手技ワークショップ(愛知).2007.5.14.
  13. 松島俊夫:小脳橋角部の外科解剖-特に神経血管減圧術のために.第21回微小脳神経外科解剖セミナー(宮城).2007.5.20.
  14. 松島俊夫:小児の脳血管障害.佐賀県脳疾患学術講演会(佐賀).2007.6.6.
  15. 松島俊夫:大孔の外科解剖とtranscondylar fossa approach.第3回九州頭蓋底外科微小解剖セミナー(佐賀).2007.6.9.
  16. 松島俊夫:微小外科解剖-マイクロサージャリーにおける役割.第10回日本病院脳神経外科学会(大分).2007.7.15.
  17. 松島俊夫:髄膜腫、神経鞘腫の外科治療.第30回佐賀脳神経外科懇話会(佐賀).2007.7.21.
  18. 松島俊夫:もやもや病.第8回飯塚脳卒中座談会(福岡).2007.10.9.
  19. 松島俊夫:後頭蓋窩病変の外科治療.第13回福岡脳神経外科懇話会(福岡).2007.10.20.
  20. 松島俊夫:解剖に基づいた後頭蓋窩手術.第11回佐世保脳神経外科医会(佐世保).2007.11.16.
  21. 松島俊夫:巨大動脈瘤とバイパス術.第1回森の木若葉セミナー(長崎).2007.11.22.
  22. 松島俊夫:脳神経外科の進歩.第24回佐賀神経アーベント(武雄).2007.12.7.
  23. 増岡 淳:三叉神経痛に対する小脳テント吊り輪牽引法の有用性.第66回社団法人日本脳神経外科学会総会(東京).2007.10.4.
  24. Masuoka J,Matsushima T:Surgical treatment of the peripheral artery aneurysms associated with moyamoya desease.The 10th Young-Honam and Kyusyu Neurosurgical Joint Meeting(Fukuoka).2007.10.27.
  25. 峯田寿裕:高密度Array-CGHを用いた脳腫瘍の遺伝子解析.第67回社団法人日本脳神経外科学会総会(東京).2007.10.4.
  26. 岡本浩昌、峯田寿裕、高瀬幸徳、吉岡史隆、緒方敦之、阿部雅光、松島俊夫:多発性嚢胞を伴ったsubfrontal schwannomaの一例.第95回日本脳神経外科九州支部会(宮崎).2007.3.10.
  27. 若宮富浩、井上浩平、峯田寿裕、松島俊夫:上錐体静脈梗塞の一例.第97回日本脳神経外科学会九州支部会(佐賀).2007.9.8.

 

その他

  1. 松島俊夫:神経血管圧迫症候群-対談.朝日新聞.2007.3.18.
  2. 松島俊夫:もやもや病.佐賀県もやもや病に関する医療講演/相談(佐賀).2007.4.15.
  3. 松島俊夫:もやもや病.もやもや病家族の会、新人会(福岡).2007.4.29.

 


 

著書

  1. 阿部雅光:放射線治療.田渕和雄編:グリオーマ-病態と治療. 187-199.シュプリンガー・フェアラーク 東京.2006.
  2. 阿部雅光、徳丸直郎、香畑智彦、古田誠、田渕和雄:傍矢状部髄膜腫治療における定位放射線治療の併用.田渕和雄編:脳腫瘍の外科. 125-129.メディカ出版.大阪 2006.
  3. 松島俊夫:第1章 後頭蓋窩“3”つのルール.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp1-6.サイメッドパブリケーションズ 東京. 2006.
  4. 松島俊夫:第2章 神経組織:脳幹、小脳半球と第四脳室.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp7-16.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  5. 松島俊夫:第3章 小脳動脈(上小脳動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈).後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp17-26.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  6. 松島俊夫:第4章 後頭蓋窩静脈”命名について”.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp27-32.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  7. 松島俊夫:第5章 後頭蓋窩架橋静脈.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp33-42.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  8. 松島俊夫:第6章 正中後頭下開頭とそのバリエーション.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp43-52.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  9. 松島俊夫:第7章 Cerebellomedulary fissureの外科解剖とTrans-cerebellomedullary issure approach (medical route & lateral route).後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp53-64.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  10. 松島俊夫:第8章 小脳橋角部”基本構造.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp65-70.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  11. 松島俊夫:第9章 内耳孔近傍の外科解剖と聴神経腫瘍摘出術.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp71-80.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  12. 松島俊夫:第10章 外側後頭下開頭”バリエーション.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp81-92.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  13. 松島俊夫:第11章 神経血管減圧術のための外科解剖.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp93-100.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  14. 松島俊夫:第12章 三叉神経痛に対する神経血管減圧術.Infratentorial lateral supracerebellar approchによるtentorial stitched sling retraction method(小脳テント吊り輪牽引法).後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp101-108.サイメッドパブリケーションズ 東京. 2006.
  15. 松島俊夫:第13章 片側顔面神経に対する神経血管減圧術”infrafloccular approach(小脳片葉下経由法).後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp109-116.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  16. 松島俊夫:第14章 大孔部の外科解剖”後方アプローチのために.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp117-128.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  17. 松島俊夫:第15章 大孔外側部の外科解剖とアプローチ.Transcondylar fossa approach(顆窩経由法)とTranscondylar approach(後頭顆経由法).後頭蓋窩の外科解剖と手術. pp129-140.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  18. 松島俊夫:第16章 側頭骨 基本解剖.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp141-152.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  19. 松島俊夫:第17章 後方並びに前方経錐体法.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp153-166.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  20. 松島俊夫:第18章 頚静脈孔の外科解剖と頸静脈孔へのアプロ”チ、特infralabyrinthine approach.後頭蓋窩の外科解剖と手術.pp167-182.サイメッドパブリケーションズ 東京.2006.
  21. 松島俊夫,大畑建治:第四脳室の外科解剖とTrans-Cerebellomedullary Fissure Approach: Medial RouteとLateral Route.顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖 XVIII.pp39-48.サイメッド・パブリケーションズ 東京.2006.
  22. 松島俊夫:外側後頭下開頭法.脳血管外科治療セミナー2006.pp19-31.国立循環器病センター 吹田.2006.
  23. 峯田寿裕,田渕和雄:田渕和雄編:グリオーマ-病態と治療-ウィリスのゲノム検索.シュプリンガー・フェラーク 東京.2006.
  24. 峯田寿裕,田渕和雄:岡本幸一,棚橋紀夫,水澤英洋編:EBM 神経疾患の治療.中外医学社.2006.

 

学術論文

  1. Abe M, Tokumaru S, Tabuchi K, Kida Y, Takagi M, Imamura J : Stereotactic radiation therapy with chemotherapy in the management of recurrent medulloblastomas. Pediatric Neurosurg 42 : 81-88, 2006.
  2. Sugita Y, Kusano K, Tokunaga O, Mineta T, Abe M, Harada H, Shigemori M : Olfactory neuroepithelioma: An immunohistochemical and Ultrastructural study. Neuropathology 26 : 400-408, 2006.
  3. Nagata S, Matsushima T, Morioka T, Matsukado K, Mihara F, Sasaki T, Fukui M : Unilaterally symptomatic moyamoya disease in children: Long-term follow-up of 20 patient. Neurosurgery 59 : 830-837, 2006.
  4. 松島俊夫,松山純子:Evandro de Oliveira, Special Interview “ Evandro de Oliveira “.脳神経外科速報 16 : 197-204, 2006.
  5. 松島俊夫:第四脳室腫瘍の治療戦略.Clinical Neuroscience 24:1321-1324,2006.
  6. 米川泰弘,松島俊夫:Special Interview “ 米川泰弘 “.脳神経外科速報 16:1053-1060, 2006.
  7. 峯田寿裕,田渕和雄 : 脳深部病変としてのグリオーマ-悪性度の高い症例の治療戦略-.Clinical Neuroscience 24 : 133-135,2006.
  8. Sugita Y, Kusano K, Tokunaga O, Mineta T, Abe M, Harada H, Shigemori M:Olfactory neuroepithelioma: an immunohistochemical and ultrastructural study. Neuropathology26 : 400-8, 2006.
  9. Glasker S, Sohn TS, Okamoto H, Li J, Lonser RR, Oldfield EH, Vortmeyer AO, Zhuang Z : Second hit deletion size in von Hippel-Lindau disease. Ann Neurol 59 : 105-10, 2006.
  10. Lubensky IA, Vortmeyer AO, Stephanie K, Lonser RR, Park DM, Ikejiri B, Li J, Okamoto H, Walbridge S, Ryschkewitsch C, Major E, Oldfield EH, Zhuang Z : Identification of tumor precursor cells in the brains of primates with radiation-induced de novo glioblastomas multiforme. Cell Cycle 5 : 452-6, 2006
  11. Li J, Zhuang Z, Okamoto H, Vortmeyer AO, Park DM, Furuta M, Lee YS, Oldfield EH, Zeng W, Weil RJ : Proteomic profiling distinguishes astrocytomas of increasing malignancy and identifies differential tumor markers. Neurology 66 : 733-36, 2006
  12. Glasker S, Li J, Xia JB, Okamoto H, Zeng W, Lonser RR, Zhuang Z, Oldfield EH, Vortmeyer AO : Hemangioblastomas share protein expression with embryonal hemangioblast projenitor cell. Cancer Res 66 : 4167-72, 2006
  13. Glasker S, Vortmeyer AO, Lonser RR, Lubensky I.A, Okamoto H, Xia JB, Li J, Milne, E, Kowalak JA, Oldfield EH, Zhuang Z : Proteomic analysis of hemangioblastoma cyst fluid. Cancer Biol Ther 5 : 549-53, 2006
  14. Li J, Yin C, Okamoto H, Jaffe H, Oldfield EH, Zhuang Z, Vortmeyer AO, Rushing EJ : Proteomic analysis of inclusion body myositis. J Neuropathol Exp Neurol 65:826-33, 2006
  15. Okamoto H, Li J, Vortmeyer AO, Jaffe H, Lee YS, Glasker S, Sohn TS, Zeng W, Ikejiri B, Proescholdt MA, Mayer C, Weil RJ, Oldfield EH, Zhuang Z : Comparative proteomic profiles of meningioma subtypes. Cancer Res 66 : 10199-204, 2006

学会発表

  1. 阿部雅光,香畑智彦,高瀬幸徳,内野晃,田渕和雄,中垣博之:クッシング病のMRIにおける可逆性の脳萎縮と白質の高信号.第29回日本脳神経CI学会総会(東京).2006年1月27日.抄録集:93(一般口演).
  2. 松島俊夫:後頭下開頭の基本的手術手技.第5回脳血管外科治療セミナー(豊中).2006年1月27日.
  3. 町 多賀雄,疋田 孝,佐本 研,松島俊夫:もやもや病のマルチスライス3DCTA(MS3DCTA)その有用性とMRAとの比較.第11回三次元CT・MRI研究会(福岡).2006年2月4日.
  4. 町 多賀雄、疋田 孝、佐本 研、松島俊夫:もやもや病のマルチスライス3DCTA(MS3DCTA)その有用性とMRAとの比較.第35回日本脳卒中の外科(横浜).2006年3月21日.
  5. 詠田眞治,松島俊夫,森岡隆人,松角宏一郎,三原 太,佐々木富男,福井仁士:治療経過中に新たな脳梗塞を生じた小児もやもや病22症例の検討.第35回日本脳卒中の外科(横浜).2006年3月21日.
  6. 松島俊夫:神経血管減圧術のための外科解剖.第26回日本脳神経外科コングレス総会(東京).2006年5月13日.
  7. 松島俊夫:小脳延髄裂と第四脳室腫瘍.第26回日本脳神経外科コングレス総会(東京).2006年5月14日.
  8. 松島俊夫:側頭骨の外科解剖.第26回日本脳神経外科コングレス総会(東京).2006年5月14日.
  9. 松島俊夫小脳橋角部の外科解剖.第20回微小解剖セミナー(東京).2006年5月15日.
  10. Matsushima T, Albert L. Rhoton, Jr:Microsurgical anatomy of the cerebellomedullary fissure and surgical approaches around the fissure.3rd International Symposium on the Microsurgical Anatomy
    (Kemer, Turkey), Oct. 1, 2006.
  11. Matsushima T., Albert L. Rhoton, Jr.:Three surgical approaches in the C-P angle for microvascular decompression surgery, for trigeminal neuralgia, hemifacial spasm and glossopharyngeal neuralgia.3rd International Symposium on the Microsurgical Anatomy(Kemer, Turkey), Oct. 1, 2006.
  12. Matsushima T., Albert L. Rhoton, Jr.:Surgical anatomy and approaches to the Foramen Magnum.3rd International Symposium on the Microsurgical Anatomy(Kemer, Turkey), Oct. 1, 2006.
  13. 松島俊夫:小脳・第四脳室の外科解剖.第20回微小解剖セミナー(東京).2006年5月15日.
  14. 岡本浩昌:プロテオミクス手法を利用したastrocytomaとoligodendrogliomaの比較解析.第7回日本分子脳神経外科学会(東京).2006年9月2日~3日.
  15. 岡本浩昌:Meningiomaのsubtype間におけるプロテオミクスを用いた比較解析.第24回日本脳腫瘍学会.2006年10月1日~3日.
  16. 岡本浩昌:プロテオミクス解析を用いたoligodendrogliomaにおける1p LOHの役割検索.第65回日本脳神経外科学会総会.2006年10月17日~20日.
  17. 松島俊夫:三叉神経痛症例に対する神経血管減圧術の治療成績 テント縫いつけ固定法を追加して. 第24回九州疼痛学会(福岡)2006年2月18日
  18. 町 多賀雄,松島俊夫:小脳テント髄膜腫の手術.第5回福岡手術ビデオカンファレンス(福岡)2006年2月24日.
  19. 松島俊夫:大孔の外科解剖と手術.茶の水脳神経外科セミナー(東京).2006年3月4日.
  20. 松島俊夫:もやもや病.もやもや病家族の会、第5回「新人会員の集い」(福岡)2006年5月21日
  21. 松島俊夫:Transcondylar fossa approach.第12回愛知頭蓋底脊椎手術手技ワークショップ(名古屋)2006年5月22日.
  22. 松島俊夫:Transcondylar fossa approach.自治医科大学 微小解剖セミナー(栃木)2006年6月27日.
  23. 松島俊夫:もやもや病の基本的な知識と最近の検査・治療法.もやもや病家族の会・鹿児島交流会(鹿児島)2006年8月6日.