悪性腫瘍

悪性腫瘍

神経膠腫(グリオーマ)

原発性脳腫瘍のなかには、脳そのものから発生し脳の神経繊維にそって浸み出すようにひろがっていく神経膠腫(グリオーマ)という腫瘍があります。腫瘍の性質によって悪性度が決定され、グレード1から4までに分類されます(WHO分類)。大部分の神経膠腫はグレード2から4にあたり、3もしくは4の場合は悪性と診断します。

膠芽腫の造影MRI画像 トラクトグラフィ―手法
膠芽腫の造影MRI画像。
リング状に造影されています。
トラクトグラフィ―という手法を用いて腫瘍と重要な神経線維の描出をしています。手術の際に大事な線維を損傷しないように注意しながら腫瘍を摘出します。

手術について:

腫瘍があまり機能していない部位にできた場合は手術で完全に摘出することが可能ですが、手足の動きや言語をつかさどっている部位など重要な機能を有している部位に発生した場合には、手術により患者さんの症状が悪化する可能性が高いため、あえて腫瘍の一部を残すことがあります。症状を出さずにできるだけ多くの腫瘍を摘出するため、術中ナビゲーションやモニタリング機器を駆使し、5-ALA(α―アミノレブリン酸)を用いた術中蛍光をおこなったりします。また、言語野近傍のグリオーマに関しては覚醒下手術も行っています。当院では手術中に病理検査(術中迅速)を行い悪性であった場合には、ギリアデルという抗がん剤をしみこませたタブレットを留置します。

腫瘍摘出腔へギリアデルの留置
腫瘍摘出腔へギリアデルの留置しています。

覚醒下手術について:

現在、さまざまなモニタリング機器が開発され、患者さんに麻酔がかかっていても手足の動きや目の機能などを評価することが可能になりましたが、言語だけはモニタリング機器で評価することはできません。したがって、手術の途中で麻酔をさまして患者さんに起きてもらい、お話をしながら手術を進めるのが覚醒下手術(Awake surgery)です。当院では術前より、言語を評価するリハビリのスタッフ、麻酔医や手術室の看護師とコミュニケーションをとっていただき、患者さんが安心して手術にのぞんでいただけるよう配慮しています。

術後後療法について:

悪性に対しては術後放射線と化学療法が必要です。放射線は1日に2グレイずつを30回すなわち約6週間でトータル60グレイを照射します。同時にテモダールという薬を内服してもらいます。これは悪性神経膠腫に対する標準治療になっています。患者さんの状態によって、2013年に新たに悪性神経膠腫に対して適応が可能となったアバスチンという薬も併せて使用します。放射線治療終了後は、外来通院にてテモダールやアバスチンといった薬を投与します。

放射線治療照射野
放射線治療照射野です。
グリオーマは脳の組織に染み入るように浸潤している
腫瘍ですので、広い範囲での照射(拡大局所)を行います。

転移性脳腫瘍

脳以外の部位のがんが脳に転移してきた腫瘍です。近年の平均寿命の伸びとがん治療の成績向上により頻度は増加傾向にあります。治療法としては、手術、放射線治療(全脳照射、定位放射線照射)、抗脳浮腫薬(脳の腫れを抑える薬)などを各々の状況に応じて組み合わせて行うことになります。転移性脳腫瘍の治療は、脳だけでなく、原発性癌に対する治療や全身状態の評価などを考慮した上で治療を選択する必要があります。各科専門医と連携し、ご本人やご家族の希望を考慮した上で治療を進めていきます。一般的に、脳以外のがんの病勢によって予想される生存期間が3か月以内である場合、抗脳浮腫薬が中心となります。生存期間が半年以上見込まれる場合、手術などの治療を選択します。

手術について:

患者さんに対して体力的な負担を強いるため、個別に検討する必要があります。半年以上の生存期間が見込めない場合でも腫瘍によってすぐにも命の危険が迫っており、全身状態が良好であれば手術を行うこともあります。

放射線治療について:

全脳照射とは、転移巣の個数が多数であったり、髄液のなかにがん細胞が入ってしまっていると考えられる場合に行います。現時点で画像でみえない病巣に対しても治療効果があります。定位放射線治療とは転移巣の個数が限られている場合に、脳の限られた範囲に目標をしぼって放射線を照射する治療です。腫瘍が3cm以下の場合に定位放射線照射を行うことができます。

多発する転移巣 多発する転移巣
肺がん患者さん。多発する転移巣を認めます。
3センチを超える大きな病変は手術で摘出し、術後、速やかに放射線治療を追加します。

 

関連リンク

対象疾患案内 > 脳腫瘍